みんなの心に幸せと感動を

アニマルクリニックこばやしは安心安全のどうぶつ医療を通じて、人とどうぶつが幸せに暮らせる社会を創造します。

ごあいさつ

 アニマルクリニックこばやしは1984年12月に開院いたしました。当初のスタッフはたった一人でした。お蔭様で現在は獣医師・動物看護師・事務系のスタッフが集い、「みんなの心に幸せと感動を」という理念を掲げて、思いやりを大切にする、どうぶつの安全安心診療に取り組んでいます。
私は開院時より骨に関心があり、恩師の導きで東京医科歯科大学で骨の研究に携わる事になりました。当初は日本語で話す内容も理解できず、英語や数学も実用レベルにはほど遠く、先がみえない日々が続きました。幸い骨を世界最速の7日で再生する技術を確立して研究者の仲間入りをすることができました。これは私一人の成果ではなく、文句も言わずこの時間を提供してくれたスタッフと飼い主様の応援と我慢があってできたことでした。その後東京医科歯科大学講師を経て金沢大学大学院では常勤の特任教授を拝命し、微力ながら医学・医療技術の発展に寄与する活動を継続してまいりました。
 私はこうした基礎の知識・技術を人とどうぶつの患者のために活かすのはもちろん、常に根底に「安全は信頼、安心は幸せ」と考え、この安心安全のどうぶつ医療を継続して提供し続けるために、若い獣医師、動物看護師を育てています。愛するどうぶつが一日でも長く健康で元気に生きられるようにとの思いは、私だけでなく当院のスタッフ全員の心に深く刻まれています。

 どうぶつの健康で長生きには私たちとご家族のみなさまの連携、協力が欠かせません。そのためにもコミュニケーションを大切にし、聞きじょうずで気配りじょうずのスタッフと共に安全安心のどうぶつ医療を展開してまいりたいと考えています。
signature
院長 小林孝之 プロフィール
1955年生まれ
日本大学卒
学術博士(東京医科歯科大学)
小動物外科専門医
CCRTアメリカリハビリテーション認定医
AOMember
岐阜大学客員獣医学系教授
帯広畜産大学臨床指導教授
元金沢大学大学院特任教授
日本獣医学会評議員
獣医麻酔外科学会評議員
日本動物リハビリテーション学会副会長

病院概要

開院 1984年12月
所在地 〒366-0813埼玉県深谷市境715-1
電話(代表) 048-573-1906
ファクス 048-572-9334
スタッフ 獣医師10名・理学療法士1名・看護師11名・受付事務系6名
診療内容 内科・整形外科・外科・神経・画像診断・集中治療・救急治療・皮膚科・循環器・眼科・エキゾチックアニマル・泌尿器・鍼灸・麻酔科・内分泌・老齢動物・介護医療など
ワクチン、フィラリア予防、外部・内部寄生虫予防、どうぶつ1日ドック、老齢動物の長生き管理など
主な設備 犬用診察室3・猫用診察室2・感染症用診察室・カウンセリングルーム・ ICU・歯科処置室・薬浴室・入院室4・CT検査室・MRI検査室・一般手術室・クリーンルーム手術室
社会貢献活動 てんかんを知る勉強会 ・動物飼い方教室・しつけ教室 ・体重コントロール・老齢管理・介護などの無料セミナーの開催
犬と猫の里親探しサポート

アクセス

関越自動車道花園インターチェンジから5分(大型駐車場完備)