もう3日寝るとお正月♪~

こんにちわ!尾畑です。

私の幼い頃のお正月の思い出は、まず、毎年大晦日に父が杵と臼でお餅を搗いてくれたことです。お餅を父が搗き母がひっくり返すというあんばいです。いつも手に杵が当たらないかと心配したもんです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

父は若いころ和菓子屋さんで修行していたこともあったようで、搗いたお餅ちにあんこを入れて丸めるのがとっても手際よく、幼心に尊敬したもんです。杵餅はすごく弾力があって美味しいですよねぇ(^^♪~。

 

次に頭に浮かぶのは、凧揚げです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

新聞紙を張り付けて奴凧の足をなるべく長くすることで安定感と風をうまく受けてうんと高く上がります。最高で100m以上揚がったでしょうか、今も鮮明にそのころの記憶がよみがえります。

今の子供たちは、お正月に何をして遊ぶのでしょうか・・・。

また、昔を思い出して凧挙げなどしてみたいものです。

楽しいお正月、皆さん風邪ひいて寝正月なんてならないように気を付けてくださいね!