もう7年目・・・

こんばんは。
勤続年数はそろそろ二桁・・・になる方、深井です。
さてさて、タイトルの7年目・・・皆さんも、お分かりかと思いますが、東日本大震災から7年になりますね。
私は岩手大学に通い、岩手に6年済んでいました。釜石にもぶらりといったことも。
あの津波の光景を中継で見たときにまるで、現実のように思えない光景でした。
ずっと、もう一度岩手に、被災地に・・・っと思っていましたが、未だきちんと行くことできず。
この時期になると毎年、自分の中でモヤモヤっとしてしまうところがあります。
また、年々、東北の被災地の話題は減り、「風化」という言葉が現実味を帯びてきているようで怖くもあります。
今日の後悔は・・・仕事を始める前にスタッフで黙祷できなかったことですね・・・
それもまた、風化なのかな・・?っと思ってしまいました。23年前の阪神淡路大震災、7年前の東日本大震災、同じように大災害でも都心部といわゆる地方とでの復興の大変さもまるで違うのだなと思います。
やはり行動することが大事、ということもあるので、何かつながる行動をしていきたいなと改めて思いました。
とはいえ。移住したりは出来ないですから、少しでも獣医として、人としてできることをと思います。

皆さんはどう思われましたでしょうか?
この出来事が風化せず、語り継がれていってほしいと思います。
・・・まとまりませんね(苦笑)

年月の流れの速さに置いてけぼりを食っている気がしてくる深井でした。
それでは。