身代わりボーン

こんにちは。看護師の高垣です。

今日はネットニュースで見かけたんですが

アニコム損保(保険会社)が仔犬を購入した際に仔犬の骨の強度を体感してもらうために擬似骨を

渡してそれを折ってもらい骨折しやすいんだよということをお知らせする「身代わりボーン」企画をしていました。

 

私はその擬似骨を実際に触ったことはないですが、

若齢期間の骨折患者さんは当院でもよく来院されることから

折れやすいことは実感しています。

 

全国的にも0歳の犬に多い保険請求疾患(アニコム調べ)で

1位:胃腸炎

2位:骨折

3位:誤飲

と2番目に多い症例となっています。

 

また、私の個人的な感覚ですが、抱っこしてて落下骨折が多いと感じます。

仔犬はまだ多感で敏感な時期です。

ふとした拍子にあばれたり、または降りようとします。

「うちの子は大丈夫」そう思わず、十分注意して抱っこしてあげて下さい。

 

人の不注意での怪我や病気は、人も犬も双方余計つらいですので

心のどこかで、まんがいち・・・を想定して生活してみてください。

すくすく成長中