マダニについて思うこと

こんにちは。獣医師の石原です。

本日はマダニについて自分が考えていることを綴りたいと思います。

マダニと言われて自分が真っ先に思い浮かぶのは感染症の存在です。

近年でいうとSFTS(重症熱性血小板減少症)が我が国ではホットワードでしょうか。

SFTSは人獣共通感染症(動物由来感染症)のひとつです。

SFTSは現在西日本で発生がありますが、地球温暖化に伴い東日本まで北上してくる可能性は大いにあります。

したがって、現在発生が見られないからといって油断してはならないと考えています。

またマダニは草むらなどにも生息していて、多くの野生動物にも付着しているといいます。

特に山や林に訪れる際は自身の服装等に注意すべきでしょう。そして野生動物への過度な干渉は避けるべきかもしれません。

今回はSFTSが話の主体となってしまいましたが、ダニが媒介する感染症は実は数多くあります。

人だけでなく、もちろん犬や猫などペットにも感染するリスクがあります。

自分がマダニ媒介感染症にならないために、ペットがマダニ媒介感染症にならないために何を注意すべきか。

こんなことを自分は考えています。自分の考えていることがが少しでも伝わっていただければ幸いです。