年の瀬です。 誤飲誤食に注意して!!

大変久しぶりの登場、深井です。
師も走る師走・・・今年も忙しい12月でした。
さて、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で皆様、生活のいろんなところで変化が生じていたことと思います。
そんななか、この1年の診療で感じた・・といいますか、気になったことが。。
例年よりも誤飲誤食に関する診察が増えていたと思いました。
生活の変化も影響していたのかもしれません。
誤飲誤食、一般的に中毒として、注目されているものは知られていると思います。
が、身近なものモノにも危険は隠れています。
まず、たばこ・・・たばこの葉の部分も吸い殻のフィルターもどちらも危ないです。
これに関しては、命の危険があります。(人もたばこはそのまま食べた場合、かなり危ないんです。)
次にマスク・・・これはゴム紐のところと不織布とでいわゆる紐状異物と呼ばれる状態を起こす危険性があり、腸を綴って穿孔させる恐れも。
マスクはこの一年でどのご家庭でも大量に使用していると思います。ゴミ箱に捨てても、犬や猫は気になるとそこから引き出してくることもありますので
うっかり・・なんてことも。
他にも、犬猫用のおもちゃも実は危険要素があります。鳴り笛入りのおもちゃは笛を鳴らすのに夢中になり、そのままおもちゃを破壊し、気づいたら飲み込んでしまった・・
猫のネズミのおもちゃや猫じゃらしも興奮してついついかじっていたら飲み込んでいた・・・などなど。
動物用とされているからと言って必ずしも安全とは言えないので、遊びっぱなしはやめましょう(耳が痛いですが(苦笑))
この3つはほんの一例です。
観葉植物なども中毒を起こすものも少なくないですし、裁縫道具なんかもよく猫は誤飲します(これは猫の舌構造にも影響されていること多いですが。)
例年以上に年末年始をご家族と犬猫とが一緒に過ごす時間が長くなるかもしれません。
万が一が起こらないよう、少しだけ注意してあげてください。

昔から猫にはおもちゃを壊されていた深井でした。

それでは。