ルーティン化させること Blog

ルーティン化させること

閲覧数:150 ビュー

記入者:獣医師/理学療法士

こんにちは。

身体を絞りたいと思い5月から筋トレを始めた理学療法士の森です。

 

始めたは良いものの、最初の頃は1つの運動を行うごとに翌日は筋肉痛に襲われるという毎日を過ごしていましたが、今では複数の部位の筋トレを毎日行えるようになりました。

今日は疲れているし筋トレやりたくないな~と思う日でも、毎日決めた時間に行うようにしていたら、やり始めてしまえばもっともっとと1時間ほどハマってしまいます。

そこで感じたのは、私には圧倒的に背筋力がないということでした(笑)

腹筋が割れているとカッコいいのですが、やはり姿勢を綺麗に保つためにも背中の筋肉をしっかり鍛えたいと思っています。

 

決して楽ではない筋トレをどうしてこんなに続けられるのかと自分でも疑問に思うのですが、

続けられている最大の理由は、自分の中に目標があって、筋トレをすることを1日の中でルーティン化していることだと思います。

ツラくても最初の1週間を乗り越えられたら、それ以降は筋トレしないと落ち着かない、このまま眠れない、と思うほどまでになりました。

 

普段動物のリハビリをさせていただいている中でも同じことを伝えさせていただいていることがあります。

犬の小さな筋肉を増やすためには、毎日コツコツと筋力訓練を行う必要があります。

例えば、後ろ足の筋肉をつけるために、前足だけ台などに乗せて高くして、後ろ足により体重をかける運動を行っていただくことがあります。

おやつを使って行うのも1つの方法としてありますが、おやつをあげるタイミング、褒めるタイミングを間違えた場合は台に乗ってくれなくなったりもします。

これは犬が相手なので、ヒトが1人で筋トレを黙々と行うのとは違った大変さがあります。

 

しかしこの運動を、毎日ご飯を食べている間に行うとどうでしょうか。

犬にとっては大好きなご飯をたべているだけなのに、自然と後ろ足の筋力訓練が行えていることになります。

これを朝晩の1日2回、毎日続けられると1か月後には後ろ足の筋肉量が増えている!というワンちゃんが何頭もいました。

毎日必ず行っていることの中に組み込むこと、そうすることで飼い主様にとってもワンちゃんにとっても無理なくリハビリが行えるのではないかと思いました。

 

皆様のワンちゃんにリハビリを頑張っていただいている分、私も毎日筋トレを頑張りたいと思います!

何か新しいことを取り入れるとき、日常生活の中でルーティン化してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

シェアはこちら
           

誰でも参加できる500円しつけ教室です。

ワンコインしつけ教室

供血にご協力をお願い致します。

供血にご協力を

当院がTVで取材された番組をご覧になれます。

アニマルクリニックこばやしのYoutubeチャンネル

当院では「おもてなし認証」を取得しております。